So-net無料ブログ作成

"Got to be real" が元ネタの曲 [音楽]

Wikipedia で、とある人のページを見て、そこから別の人見て、ってな感じでいろいろ見てたら、なぜかSing Like Talkingに行き着いて、以下のコメントを見つけた。
ライブでの人気曲「Rise」は発表当時佐藤竹善がレギュラーをしていたラジオ番組の企画から生まれた。同じ局でラジオのレギュラーをしていたDreams Come Trueの中村正人との「どちらがシェリル・リンの「Got to be real」を元ネタにしてよりよい名曲を作れるか」という勝負。この時にドリカム側が作った曲は「決戦は金曜日」である。

これが本当の話かどうか分かりませんが、たしかに「Rise」「決戦は金曜日」ともに、「Got to be real」が元ネタなのは明らかですな。僕は、前者の方が好きですが、ネタとしては後者の方がうまいと思うね(やりすぎとも思うけど)。まぁ、「決戦は金曜日」は「Go to be real」というよりEarth, Wind & Fireの「Let's Groove」も半分元ネタですけど(イントロから最初の方のホーンセクションのリフなんて、Let's Grooveそのまんまだし)、後半の吉田さんの歌い方なんかCheryl Lynnそのまんまだよね。

「Rise」


「決戦は金曜日」


最後に本物。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。